メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィジカルの強さ際だった大阪桐蔭 東日本勢の健闘も光る 全国高校ラグビー

【大阪桐蔭-桐蔭学園】初優勝し、喜ぶ大阪桐蔭の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2019年1月7日、猪飼健史撮影

 7日に東大阪市花園ラグビー場で行われた決勝は、大阪桐蔭(大阪第1)が桐蔭学園(神奈川)に競り勝ち初優勝し、前回決勝で敗れた経験を糧に「平成最後」の大会を制した。

 フィジカルの強さが際立った大阪桐蔭。特にプロップ江良、フランカー奥井の2年生コンビを軸に力強い突破力でFW戦を圧倒し、防御も粘り強かった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです