メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

経済 「出国税」スタート チケット代に上乗せ

出発する訪日外国人で混雑する関西国際空港の第2ターミナル(国際線)=大阪府田尻町で2017年7月、宇都宮裕一撮影

[PR]

 日本にっぽんから出国しゅっこくするひとに1ひとり1000えん支払しはらいをもとめる「国際こくさい観光かんこう旅客りょかくぜい」(出国しゅっこくぜい)が7なのかはじまりました。日本にっぽんおとずれる外国人旅行者がいこくじんりょこうしゃやすために使つかあらたな税金ぜいきんで、くに税金ぜいきんとしては1992ねん地価税ちかぜい以来いらい、27ねんぶりの新税しんぜいとなります。

     政府せいふ訪日客ほうにちきゃく(2018ねんやく3100まんにん)を20ねんに4000まんにん、30ねんに6000まんにんやす目標もくひょうかかげています。出国しゅっこくぜいは、日本にっぽんから海外かいがいかう飛行機ひこうきふねのチケットだい上乗うわのせして支払しはらいます。

     対象たいしょう日本にっぽんから出国しゅっこくする日本人にっぽんじん外国人がいこくじんで、観光かんこうだけでなく、ビジネスや留学りゅうがくなどで出国しゅっこくするひとふくまれます。1年間ねんかんつうじた19年度ねんど税収ぜいしゅうは500おくえん見込みこまれています。使つかみちは、出入国しゅつにゅうこく手続てつづきの時間じかんみじかくしたり、観光地かんこうち多言語たげんご解説かいせつしたりすることにてられます。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

    2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

    3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

    4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

    5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです