メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 熊本県はオリジナリティーを重視する県民性がある。例えば、大分県で一村一品運動が起き、九州はじめ全国に広まった時も、熊本県では実施することはなかった。同県の「営業部長」くまモンの活躍を見ても分かる通り、独自性と個性にあふれている。

 2015年3月、山都町の合併10周年記念式典の基調講演講師として招かれ、「『できない』を『できる』に変える!地方の力を引き出します」をテーマに講話したことがある。

 同町は「九州のへそ(商標登録)」に位置する。中山間地の特性を生かした安心・安全な農作物を生み出す有機農業の発祥地であり、全日本柔道連盟会長の山下泰裕さんの出身地でもある。

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 国勢調査用の個人情報紛失 大阪・泉南市が22世帯分 氏名や住所、世帯人数記載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです