メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・創る 地域活性リポート

NPO法人竹もりの里 鹿嶋與一理事長

竹林の整備作業の様子=千葉県長柄町で2018年8月20日

放置竹林を資源によみがえらせる

 全国的に竹が利用されなくなり里山の竹林が荒廃し大変な状況となっている。

 60歳でサラリーマン生活に終止符を打ち、千葉県長生郡で竹林が放置されている現状を知り、問題解決を目指すことを決意した。活動拠点の竹林面積は統計上は298ヘクタールだが、最新のGIS(地理情報システム)による画像解析の結果によると507ヘクタールと報告され、竹林面積が拡大している実態が分かった。

 この地域は里山として民有地が多くある。生活様式の変化で竹が資源として活用されなくなり、少子高齢化も影響して放置される竹林が増えた。住居の裏山には倒木と朽ちた竹が折り重なり人を寄せ付けない状況となっているところが多い。竹の厄介なところは、繁殖力が極めて強く、毎年整備を続けていかなければすぐに元に戻ってしまうことだ。特に河川に生えている竹は流れを妨げ洪水の一因になるとも言われ、海の影響も大きいと感じ…

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです