メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾泰樹氏

文科省の松尾局長は青森高卒

 霞が関で活躍する官僚には、県立の青森高や弘前高、八戸高などの出身者が多い。

文部科学省では、科学技術・学術政策局長の松尾泰樹氏(東大院理87年科技庁、写真)が青森市出身で青森卒だ。省の県人会長を務める。「青森は豪雪地だが、高校時代は冬も自転車で通うと決めて、友人と自転車通いをしていた。津軽弁で『意地っ張り』なことを『じょっぱり』と言うが、そのじょっぱりを通していたと思う」と話す。同校の卒業生には、報道写真家でピューリッツァー賞を受賞した沢田教一氏、劇作家の寺山修司氏らがいる。

 大臣官房国際課長の奈良哲氏(東大法89年文部省)は弘前の卒業生だ。弘前市出身で実家もあるという。同…

この記事は有料記事です。

残り1128文字(全文1431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです