メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

陵墓 大山古墳の発掘調査を初公開

報道陣に公開された「大山古墳」の発掘現場。石敷きや埴輪列が確認された=2018年11月22日

原則「非公開」の宮内庁の変化に注目 

 宮内庁が昨年11月、大阪府堺市の大山(だいせん)古墳(仁徳天皇陵)の発掘調査現場を報道陣と歴史・考古学の研究者らに公開し、大きなニュースとなった。全長約500メートル、3重の濠(ほり)に囲まれた日本最大の前方後円墳で、国が今年夏にユネスコの世界文化遺産登録を目指す「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」(堺市、羽曳野市、藤井寺市)の「顔」となる構成資産でもある。その発掘調査と内部の公開は、考古学的な成果だけではなく、陵墓をめぐる宮内庁の姿勢の変化という点でも注目すべき出来事だった。

 11月22日の発表当日は小雨のぱらつく肌寒い朝となったが、JR阪和線百舌鳥駅から西へ5分ほど歩いた…

この記事は有料記事です。

残り2194文字(全文2507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです