メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

学童保育 なり手不足で基準緩和 厚労省

放課後児童クラブ(学童保育)で、小学校の理科の実験教室に参加する安倍晋三首相(右から2人目)=埼玉県鴻巣市の保育・児童施設「ふくろうの森」で2018年7月4日、代表撮影

市町村の裁量拡大 通常国会に改正法案提出へ

 共働きやひとり親家庭の小学生を預かる放課後児童クラブ(学童保育)を巡り、厚生労働省は職員数と職員の資格要件の基準を緩和する方針を決めた。「なり手不足で待機児童が解消できない」として、全国知事会、市長会、町村会などが地方分権改革提案の一環で国に基準緩和を求めていた。2019年の通常国会に児童福祉法改正案を提出し、全国一律で義務付けていた基準を参考とすべき「参酌基準」に改め、市町村の裁量を拡大する。

 学童保育はもともと、地元自治体や保護者会、民間企業などが独自に開設し運営してきた経緯がある。厚労省が「質」の面で関与を始めたのは07年からで、ガイドラインを策定し児童数や面積基準など「基本的事項」を示したが、職員配置に関する基準は定めていなかった。

この記事は有料記事です。

残り1812文字(全文2158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです