メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

キャッシュレス 需要喚起策のポイント還元で促進

アリペイを使いスマートフォンで人力車の乗車代金を支払う中国人女性客(右)=東京都台東区浅草で=2018年8月11日

消費税率引き上げ対策の裏に決済システムの対中戦略

 消費税率引き上げが景気の足かせとならないようにと、政府は需要喚起策を発動しようとしている。その一つがポイント還元だ。支払いをキャッシュレスで行った人に、ポイントを付与して消費の落ち込みを防ぐという。しかし、これには別の思惑もある。QRコードを使った中国生まれの決裁の仕組みが日本国内でも急速に広がっている。このままでは、金融ビジネスの基盤である決済機能が中国企業に握られかねない。日本でもキャッシュレス決裁を促し、中国勢に対抗していこうというわけだ。

 2017年初頭におけるAlipay(支付宝=アリペイ)の日本での加盟店舗数は2万2000店舗だった…

この記事は有料記事です。

残り2403文字(全文2703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  5. 京都の社長、同志社大卒9年連続トップ 近畿6府県でも2位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです