メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・パラスポーツ

上智大学 学生プロジェクトGo Beyond

「オリパラウイーク」の最終イベント「フィナーレトーク」を終え、出演者らと記念撮影するGo Beyondのメンバーら=東京都千代田区の上智大学で2018年11月28日

学生たちの「ハートの集まり」

 2020年を前に五輪・パラリンピックについて学び、発信する学生の動きが目立つ。上智大生が特に活発で、昨年11月下旬には「オリパラウイーク」と名付けた1週間に、さまざまな催しを開いた。主催したのは、約80人からなる学生プロジェクト「Go Beyond(ゴービヨンド)」だ。

 11月28日夕に東京・紀尾井町の上智大構内であった「フィナーレトークショー」。総合司会は、ゴービヨンド共同代表の山本華菜子さん(理工学部4年)が務めた。メンバーが「20年大会に競技場で応援したい」と考えた同世代のパラ選手5人を招き、活動を通じて知り合ったNHKアナウンサーに進行を頼んだ。この1週間、メンバーは、五輪・パラの競技体験や用具展示、パラ番組上映、大会観戦のほか、ボランティアや「国際スポーツと企業」、青年海外協力隊といったテーマの講演会などを、教職員の助言を得ながら企画・運営した。

 20年大会に向け、上智大が五輪・パラへの取り組みを本格化させたのは16年9月のリオ・パラ調査団派遣だ。外国語学部ポルトガル学科を中心に学生3人、教職員3人を送った。競技場、商業施設、交通機関を調べ、障害者施設や大学などで聞き取りをした。参加した職員の高松理沙さん(34)は「リオでは(施設など)ハードの足りない部分を、人々のハートで補っていた」と感じたという。

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです