メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・視点

日本産前産後ケア・子育て支援学会理事長 林謙治

林謙治氏

少子高齢化の地域医療 産科・高齢者診療に柔軟かつ抜本改革を

 日本の出生率の低下が続く中、出生数は2016年に100万人を割り戦後最低となった。産科施設も同様に減少し続けている。都市部では大病院に分娩が集中し、地方の小都市では若年人口の流出や産科医師不足のために、施設を維持することが困難な状況にある。私が以前、厚労省地域医療再生基金委員会のメンバーとして東北、北海道を視察した際、産科施設がまったくない地域の妊産婦の大変さを痛感した。

 例えば、福島県の南会津地方では妊産婦が出産予定日に近づくと施設のある会津若松市のホテルに泊まりこみ…

この記事は有料記事です。

残り2614文字(全文2881文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  3. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです