メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

「画期」の年 安倍長期政権の敵は「油断」と「飽き」

見送る人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下=高知県南国市の高知空港で2018年10月29日

 「平成」最後の年である。4月に天皇、皇后両陛下の「象徴」としての30年余りのお務めが終わり、5月から次の元号の時代に引き継がれる。日本が絶頂のバブル経済から転落し「失われた20年」を経て、深刻化する少子高齢化社会を迎えた“経済大国ニッポン”に停滞感が漂う。また、中国の台頭に伴う米国との覇権争いが激化するなど国際情勢が混迷を深める中で、日本の立ち位置が問われる。そのような「画期」の年に、安倍晋三政権は政治、外交、経済でどのようにかじを取るのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り4924文字(全文5151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです