メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~28~ 2019年にアニヴァーサリーを迎える作曲家たち

5月に「幻想交響曲」を取り上げるデュトワと大阪フィル

山田治生

【没後150年を迎えるベルリオーズ】

 クラシック音楽界、2019年のアニヴァーサリーといえば、まず、エクトル・ベルリオーズ(1803~1869年)の没後150周年があげられよう。ベルリオーズは突然変異の天才であった。ベートーヴェンの交響曲第2番が初演された1803年、リヨン郊外の医師の家庭に生まれた。父親の希望に沿って、医師になるためにパリに出て医科大学に進んだが、作曲への情熱を抑えきれず、22歳でパリ音楽院に入学。彼の出世作であり代表作である「幻想交響曲」が初演されたのは、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の初演からわずか6年後、ベートーヴェンの死から3年後の1830年であった。

 「幻想交響曲」は、交響曲という形式に個人のエピソードを持ち込んだ画期的な作品。恋人を表す固定楽想の…

この記事は有料記事です。

残り2608文字(全文2960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです