メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~28~ 2019年にアニヴァーサリーを迎える作曲家たち

5月に「幻想交響曲」を取り上げるデュトワと大阪フィル

山田治生

【没後150年を迎えるベルリオーズ】

 クラシック音楽界、2019年のアニヴァーサリーといえば、まず、エクトル・ベルリオーズ(1803~1869年)の没後150周年があげられよう。ベルリオーズは突然変異の天才であった。ベートーヴェンの交響曲第2番が初演された1803年、リヨン郊外の医師の家庭に生まれた。父親の希望に沿って、医師になるためにパリに出て医科大学に進んだが、作曲への情熱を抑えきれず、22歳でパリ音楽院に入学。彼の出世作であり代表作である「幻想交響曲」が初演されたのは、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の初演からわずか6年後、ベートーヴェンの死から3年後の1830年であった。

 「幻想交響曲」は、交響曲という形式に個人のエピソードを持ち込んだ画期的な作品。恋人を表す固定楽想の…

この記事は有料記事です。

残り2608文字(全文2960文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです