メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

安倍改憲でどうなる自衛隊 変わらないわけがない

(左上)自衛隊観閲式に出席した安倍晋三首相=橋本政明撮影(右上)自衛隊が新たに導入するステルス戦闘機F35B=津村豊和撮影(下)事実上の空母への改修が決まったヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」=本社ヘリから

 年頭記者会見で「憲法改正の議論を深めたい」と意気込んだ安倍晋三首相である。9条に自衛隊の存在を書き込む持論を具体化した自民党改憲案を、年内にも国会に示したいらしい。気になるのは、首相が「自衛隊は何も変わらない」と繰り返していることだ。憲法を変えたとしても「何も変わらない」なんて、あり得るのか?【吉井理記】

 「日本青年協議会」という団体がある。警察官向けの書籍で「右翼団体」と明記され、改憲を主張する右派団…

この記事は有料記事です。

残り2767文字(全文2971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです