メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

無関心が危機を招く=与良正男

 衆院への小選挙区制導入を中心とした政治改革論議が本格化したのは1989年だった。

 特筆すべきは、その前年発覚したリクルート事件を受け、万年与党だった自民党自らが危機感を抱いて「政治に緊張感を取り戻すには政権交代の仕組みが不可欠だ」と言い始めたことだったと思う。

 それに呼応して長く自民党の応援団だった経済界からも「日本にはしっかりした野党が必要」という声が出てきた。新聞各紙も立場の違いを超え、改革が必要という点は一致していたと思う。

 あれから30年。まさか安倍晋三首相の1強体制がこれだけ続き、「官邸機能強化」の名の下に、首相の権限…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです