メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

無関心が危機を招く=与良正男

 衆院への小選挙区制導入を中心とした政治改革論議が本格化したのは1989年だった。

 特筆すべきは、その前年発覚したリクルート事件を受け、万年与党だった自民党自らが危機感を抱いて「政治に緊張感を取り戻すには政権交代の仕組みが不可欠だ」と言い始めたことだったと思う。

 それに呼応して長く自民党の応援団だった経済界からも「日本にはしっかりした野党が必要」という声が出てきた。新聞各紙も立場の違いを超え、改革が必要という点は一致していたと思う。

 あれから30年。まさか安倍晋三首相の1強体制がこれだけ続き、「官邸機能強化」の名の下に、首相の権限…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです