メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 あけましておめでとうございます。

 いよいよ改元の年になった。以前、「元号のゆくえ」という題名で改元について書いたのは2年も前のことである。考えてみれば天皇陛下が退位の意向がにじむメッセージを公表されたのは2016年8月なので、実際に退位に至るまで約3年かかったことになる。

 江戸時代まで、改元は必ずしも天皇の代替わりで行われるものではなく、天変地異や不吉な年回りを避ける目的でなされた。それゆえ頻繁に改元があった。つまりは、言葉を用いた呪術(予祝(よしゅく))の一種だったのである。近代において改元が天皇とぴったり一体化したということは、天皇制の呪術的な意味が浮上したということで…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです