メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太宰治

小説「津軽」に登場、「鯛事件」の女中が判明 丸山旅館の新谷左んこさん 三厩の牧野さん調査 /青森

「姿焼きのはずが切り身」 憤慨され

 文豪・太宰治が1944年、津軽半島を約3週間かけて旅してつづった小説「津軽」。その中で描かれた三厩村(現外ケ浜町三厩)の旅館で起きた“鯛(たい)事件”について、三厩在住の主婦、牧野和香子さん(67)が登場する女中が誰だったのかを突き止めた。【北山夏帆】

 鯛事件は44年5月、三厩の丸山旅館に2尺(約60センチ)のタイを持ち込んだ太宰が、女中に姿焼きを頼んだものの、切り身で振る舞われて憤慨したという小説の一幕。女中が誰なのか分かっていなかったが、牧野さんの独自調査で、当時住み込みで働いていた新谷左んこさんだと分かった。

 きっかけは、牧野さんが今別町の歴史と文化を記録する「いまべつを語り継ぐ会」(熊谷範一会長)に参加し…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです