メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津軽家ゆかりの雛道具

貝桶、携帯用の茶弁当など120点 雅叙園東京で18日から展示 /青森

 弘前藩最後の藩主・津軽承昭が明治時代に作らせたとされる雛(ひな)道具「蝋色笹唐草御紋付雛道具(ろいろささからくさごもんつきひなどうぐ)」(弘前市立博物館所蔵)が、18日から東京都目黒区のホテル雅叙園東京で開かれる「百段雛まつり」で展示される。

 百段雛まつりは、日本各地の歴史ある雛人形を紹介する催し。10回目の今年は「青森・秋田・山形ひな紀行」と題し、豪華な装飾で知られるホテル内の「百段階段」(都指定有形文化財…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです