メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生活保護受給者

精神疾患入院に地域差 県内は全国15位 10万人当たり /秋田

 精神疾患で入院する生活保護受給者数には都道府県で最大7倍の差があるとする調査結果を、医療経済研究機構などのチームがまとめた。人口当たりの受給者や精神疾患の病床の数が多いほど入院患者が多い傾向があり、専門家は自治体が退院と自立生活を支援する必要性を訴える。

 生活保護受給者の医療費は公費で賄われ、扶助額は年間約1兆8000億円に上る。このうち15%が精神疾患による入院の費用とされるが、各地の精神科病床に生活保護受給者がどの程度いるのかは分かっていなかった。

 チームは2016年の診療報酬明細書(レセプト)を使い、同年5月に精神疾患で入院していた生活保護受給…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文738文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです