メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

柏駅の歴史知って 開設当時の史料20点展示 市民ギャラリーで13日から /千葉

 県内有数の乗降客数を誇るJR常磐線柏駅の開設当時の貴重な史料が、13日から柏市民ギャラリー(パレット柏内)で始まる写真展「柏の鉄道・今むかし」で展示される。主催する柏市教委は「駅開設は劇的に変貌を遂げた街の原点」として来場を呼びかけている。

 常磐線は1896(明治29)年12月25日、前身の私鉄路線として東京・田端-茨城・土浦駅間が開業。市教委によると、日本鉄道(JR東日本の前身)が出した93年の路線計画では埼玉県川口・鳩ケ谷・草加各市を経て柏、我孫子各市を通って茨城県を北上するルートだった。しかし、常磐線建設は、常磐炭田(福島・茨城県)の石炭を迅速に輸送することが目的だったため…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 最長政権 /4 正念場の領土、拉致

  4. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです