メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成点描

神奈川/2 横浜ベイスターズ(その1) 暗黒時代乗り越え 根付いた「地域愛」ファン回帰 /神奈川

 1998(平成10)年のプロ野球。横浜ベイスターズは、切れ目のない集中打を見せる「マシンガン打線」と「ハマの大魔神」こと佐々木主浩投手を擁し、日本シリーズを制した。38年ぶりの日本一--。そう語り継がれる栄光の瞬間だった。

 「憧れの世界に自分がいる。夢を見ているような不思議な感覚でした。当時のスタジアムは巨人戦くらいしか満員にならなかったが、360度がベイスターズファンだった」

 首位打者を獲得し日本一に貢献した鈴木尚典(たかのり)さん(46)は感慨深げに振り返る。優勝パレードには約40万人が詰めかけ、街にブルーの旗が舞った。

この記事は有料記事です。

残り1674文字(全文1940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです