メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真撮影

外国ゆかりの子に居場所を フォトジャーナリスト・大藪さん、楽しさ伝えるワークショップ /神奈川

12日から 横浜で参加者作品展

 外国籍だったり親が外国人だったりする「外国につながる子供」たちに、写真撮影の楽しさを伝えるワークショップが横浜市内で続けられている。企画しているのは同市在住のフォトジャーナリスト、大藪順子さん(47)。「レンズを通して自分の世界と向き合いながら、自己表現の枠を広げてほしい」という思いがこもる。参加した子供たちの作品展を12~20日、横浜港のレストハウス「象の鼻テラス」(横浜市中区)で開く。【宇多川はるか】

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1250文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです