メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湯神楽

神事、沸き立つ 伊賀・岡八幡宮 /三重

煮えた釜の湯からササを取り出し、湯気の中を舞う大井貞夫宮司=三重県伊賀市の岡八幡宮で、大西康裕撮影

 伊賀市白樫の岡八幡宮で8日、煮え立った鉄釜に浸したササを持った宮司が湯気に包まれて舞う「湯神楽」があり、氏子や参列者が無病息災を祈った。

 同八幡宮は湯神楽が探湯(くがたち)神事として伝わっており、毎年1月8日に「探湯の舞」が奉納される。この日も大井貞夫宮司(82)が1年の月数と同じ12本のササの束…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです