メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害被害情報

AIで集約 LINEと連動、神戸市が実証実験 /兵庫

 神戸市は、無料通信アプリのLINE(ライン)と人工知能(AI)を活用し、地震などの災害時に市民から集めた被害情報を集約してパソコン上の地図に表示する実証実験をした。被害の全体像を素早く把握するのが狙いで、数年以内の実用化を目指す。

 人間との会話や文章のやりとりが可能なプログラム「チャットボット」を利用。このプログラムをLINEの「友だち」に登録した市民から、災害…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです