メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
宝塚市

市への質問、AIが自動回答 実証実験を開始 /兵庫

LINEの兵庫県宝塚市公式アカウントに表示された質問例・回答例(左)と、回答者の仮想職員「ロボ塚 宝」(右)=同市役所で、土居和弘撮影

 宝塚市は、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で寄せられた市の事業などの質問について、人工知能(AI)が自動回答するサービスの実証実験を始めた。サービスに親しんでもらおうと、仮想の市職員「ロボ塚(づか) 宝(たから)」が回答する。

 インターネット上での「会話」を自動で行う「チャットボット」システムを使用。回答を事前に約880用意し、その中からAIが問い合わせに最適な答えを選んで表示する仕組み。市は昨年11月にIT関連会社「アイテック阪急阪神」(大阪市)と提携しており、システムの無償提供を受けて今月7日から実験を始めた…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文655文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです