スポーツピアいちじま野球場

司観光が命名権 丹波市と契約 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
契約を締結した司観光の井上宏章社長(右)と兵庫県丹波市の谷口進一市長=同市役所で、丸井康充撮影
契約を締結した司観光の井上宏章社長(右)と兵庫県丹波市の谷口進一市長=同市役所で、丸井康充撮影

 全国高校女子硬式野球選手権大会の会場で丹波市が所有する「スポーツピアいちじま野球場」(同市市島町中竹田)の球場名が4月1日から、「つかさグループいちじま球場」に変更される。ネーミングライツ(命名権)を、京都府舞鶴市や福知山市などでビジネスホテルと飲食業を手がける司観光(本社・舞鶴市、井上宏章社長)が取得した。

 市は昨年9月に命名権の売却先を公募し、同社が応じた。今年度の大会で系列のホテルに5チーム約220人を受け入れており、全国大会開催会場としての発信力や、力を入れているスポーツ合宿の会場としての利便性に着目したという。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文514文字)

あわせて読みたい

ニュース特集