メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

多賀法華さんに聞く 過ごしやすい社会に 「ありのままの自分で」 /島根

劇団ハタチ族の公演を見ようと、劇場を訪れた多賀法華さん=島根県雲南市木次町里方のチェリヴァホールで、根岸愛実撮影

 男または女しか認めない社会は、生きやすいだろうか。昨夏、県委託の人権事業で性的少数者(LGBTなど)としての思いを吐露した多賀法華(のりか)さん(39)=雲南市=は、人口減少地域に暮らすゆえに結婚出産を期待されるプレッシャーを感じつつ、「ありのままの自分」を必要としてくれる人たちの存在を確信している。昨年12月、多賀さんに聞いた。【根岸愛実】

 同市三刀屋町中野で浄土真宗の寺の長女として生まれた。小学校低学年の時、弟が家の跡継ぎと決まり「なぜ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです