メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

虹架かる

豪雨からの復興/6 総社・福谷 フルーツ王国のブドウ農業 地区の伝統、諦めない /岡山

骨組みがあらわになったビニールハウスの前に立つ仮谷昌典さん=岡山県総社市福谷で、益川量平撮影

 「フルーツ王国」とうたわれる県内の農業も昨年7月の西日本豪雨で大きな打撃を受けた。農地の被害は約900ヘクタール、農業用機械や農業施設を含めた被害総額は約65億円に上る。果物ではブドウの被害が最も大きく、約11ヘクタールで約1億5000万円の損害が出た。

 「農園が川みたいになっていた。ビニールハウスが流れる姿をぼうぜんと見つめるしかなかった」

 ブドウの産地である総社市福谷地区で農業を営む仮谷昌典さん(53)は唇をかむ。豪雨で近くを流れる高梁…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです