メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

里海とわたし

/6 ひろしま食べる通信 瀬川えり子さん(47) 食材の魅力伝えたい /広島

眼下に広がる海を前に料理する瀬川えり子さん=広島県福山市内海町のマルコ水産で

 「朝日が昇る海が眺望でき、料理をしながらテンションが上がりました」。情報誌「ひろしま食べる通信」(事務局・中区)のフードコーディネーター、瀬川えり子さん(47)は昨年12月21日、福山市内海町のノリ養殖・製造販売会社「マルコ水産」の調理室で、4時間がかりでノリを使った料理に取り組んだ。

 県内各地の生産者を特集した情報誌は2016年7月に創刊され、2カ月に1回発行される。瀬川さんが作ったのは「蓮根海苔(れんこんのり)もち」「牡蠣(かき)海苔フライ」「海苔と梅干しの温野菜ディップ」「豆乳海苔鍋」など8品で、今月発行される16号に掲載予定だ。

 ノリは1960~70年代は多くの漁場で養殖されていたが、現在は備後灘など県東部の海域に限られる。「…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです