メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国発・平成の挑戦者

/7 愛媛 四国初ご当地プロレス団体 愛媛プロレス 「地産知笑」でヒーローを

代表のキューティエリー・ザ・エヒメさん。本名や年齢は非公表=愛媛プロレス提供

 四国初のご当地プロレス団体「愛媛プロレス」。2016(平成28)年に旗揚げして以来、愛媛の魅力を全国に発信してきた。「エンターテインメントが東京に集まる時代は終わった」と語る代表のキューティエリー・ザ・エヒメさん。時代の変化を味方に付け、新たな時代を切り開く。

 愛媛プロレスの所属条件は「愛媛県に住民票を置くこと」。ファイトマネーは出ず、選手たちは働きながら月謝を払う。リングに立つのはプロレスと愛媛が好きなレスラーばかりで、愛媛ゆかりのリングネームやパフォーマンスでアピールする。例えばレスラーの「凡人パルプ」は紙関連製品の出荷額日本一を誇る四国中央市出身で、無駄遣いされたティッシュの怨念(おんねん)から生まれた。マスクから飛び出たティッシュを全て取られると…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです