メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

ゴーン容疑者陳述 世論にらみ“初公判” 弁護側「よく証拠を見て」/検察「捜査に影響はない」

東京地検特捜部の見立てとゴーン前会長の主張

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)は勾留理由開示手続きで、会社法違反容疑を否認し、先に起訴された金融商品取引法違反も無実主張を展開した。前会長が国籍を持つフランスなどの大使らも傍聴する中行われた「事実上の初公判」。弁護側は「勾留を継続すべき理由はないことを主張し、裁判官に証拠をよく見てほしかった」、検察側は「11日の勾留満期まであと3日。捜査に影響はない」とそれぞれ強調した。対決の図式が浮き彫りになった。

 「(検察には)慎重な捜査をしてほしい。(裁判所には)よく証拠を見てほしかった」。手続き後の記者会見…

この記事は有料記事です。

残り1580文字(全文1842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです