メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動くか日露

識者の見方/3 互いの「感情」尊重を 駐日ロシア大使、ミハイル・ガルージン氏

ミハイル・ガルージン氏=和田大典撮影

 日本とロシアの関係で、平和条約問題は重要な位置を占める。1956年の日ソ共同宣言は日露関係の法的基盤で、条約交渉の基礎にするのは理にかなう。(日本への島の引き渡しに慎重な)世論は世論として受け止め、国際約束に基づき、交渉を進める。

 平和条約問題は歴史に深く関わる大変デリケートな問題で、対応する際には互いの感情を尊重すべきだ。我々は(北方領土での)ビザなし交流や北方四島水域での日本漁民の操業で、日本人の感情を尊重してきた。(北方領土を含む)クリル諸島は2700万人の命を失った戦争の結果、連合国の合意に従ってソ連に引き渡された。こうした我々の感情についても、日本からの理解や正しい認識を期待している。

 歴史認識を含めて両国には見解の違いがある。だからこそ、交渉を始めるのだ。(北方領土への米軍配備など…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文1081文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  4. 参院選、投票率前回下回る 22日未明に大勢判明
  5. 米ニューヨークで一時大規模停電 ミュージカルも中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです