メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動くか日露

識者の見方/3 互いの「感情」尊重を 駐日ロシア大使、ミハイル・ガルージン氏

ミハイル・ガルージン氏=和田大典撮影

 日本とロシアの関係で、平和条約問題は重要な位置を占める。1956年の日ソ共同宣言は日露関係の法的基盤で、条約交渉の基礎にするのは理にかなう。(日本への島の引き渡しに慎重な)世論は世論として受け止め、国際約束に基づき、交渉を進める。

 平和条約問題は歴史に深く関わる大変デリケートな問題で、対応する際には互いの感情を尊重すべきだ。我々は(北方領土での)ビザなし交流や北方四島水域での日本漁民の操業で、日本人の感情を尊重してきた。(北方領土を含む)クリル諸島は2700万人の命を失った戦争の結果、連合国の合意に従ってソ連に引き渡された。こうした我々の感情についても、日本からの理解や正しい認識を期待している。

 歴史認識を含めて両国には見解の違いがある。だからこそ、交渉を始めるのだ。(北方領土への米軍配備など…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです