メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費増税

不協和音 慎重に最終判断を/私は聞いていない

 10月の消費税率10%への引き上げを巡り、菅義偉官房長官=似顔絵<右>=と麻生太郎副総理兼財務相に温度差が生じている。予定通りに増税するかなお慎重に判断する姿勢を示す菅氏に対し、麻生氏は引き上げる立場を強調している。

 「官房長官に確認した方が良い。私は聞いていない」。麻生氏は8日の記者会見で、菅氏の発言への見解を問われ不快感を示した。

 菅氏は3日のラジオ番組で、増税の最終判断時期について、2019年度予算案と税制改正関連法案の成立が「一つの区切りではないか」と指摘。今後の経済動向について「何が起きるか分からない」と慎重な見方も示した。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです