メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平成とは 変わる家族と社会保障 安心と充足求める旅へ=野沢和弘(論説室)

 「サザエさん」「肝っ玉かあさん」「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」など、たくさんのホームドラマが昭和にはあった。そのしがらみが少しばかりうっとうしく、時には憎悪を生むことがあったとしても、家庭が暮らしの安心を生む源泉であることは疑いようがなかった。平成で思い浮かぶのは……「渡る世間は鬼ばかり」くらいだろうか?

この記事は有料記事です。

残り1870文字(全文2025文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 真夜中に小学生を追い返した児相 それで子ども守れるのか

  2. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 札幌市で新たに1人新型コロナ感染 70代日本人男性 北海道内18人目

  5. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです