メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
英国

前門のEU、後門の離脱派 合意案めど立たず 下院、きょう審議再開

欧州連合(EU)首脳会議後に記者会見に臨む英国のメイ首相=ベルギー・ブリュッセルで2018年12月14日、ロイター

 【ロンドン矢野純一】欧州連合(EU)からの離脱合意案を巡る英下院での審議が9日、再開される。メイ英首相は合意案の否決を避けるため、昨年12月に予定した採決を延期していた。この間にEUからの譲歩は引き出せず、依然として野党だけでなく離脱強硬派の与党・保守党議員の支持も得られていない。メイ氏は採決を15日にも行う方針を固めたが、年を越しても可決は困難な情勢だ。

 離脱強硬派が反発するのは、英領北アイルランドの国境管理の問題だ。合意案では、英国が今年3月末の離脱…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文888文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです