メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

クルド対応で溝、会談は見送りに 大統領とボルトン米大統領補佐官

 【エルサレム高橋宗男】トルコを訪問中のボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は8日、トルコのカリン大統領報道官と会談し、米軍のシリア撤収などを協議した。エルドアン大統領とは会談しなかった。エルドアン氏は国会での与党議員への演説で、シリア国内のクルド人勢力に攻撃しないよう求めるボルトン氏の主張について「受け入れることは不可能だ」と強調。…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです