メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界銀行

総裁後任選び波乱 米が指名、トランプ政権が左右

キム世銀総裁=川田雅浩撮影

 【ラスベガス中井正裕】世界銀行は7日、ジム・ヨン・キム総裁(59)が2月1日付で辞任すると発表した。キム氏は2022年6月まである2期目の任期途中で退任する。世銀総裁は最大出資国の米国が事実上指名している。国際協調に懐疑的なトランプ米政権が主導する次期総裁選びは波乱含みとなりそうだ。

 キム氏は韓国出身の米国人医師。12年にオバマ米政権(当時)の推薦で世銀総裁に就任した。途上国の開発支援や医療保健政策、気候変動対策などに尽力したほか、昨年4月に130億ドル(約1兆4000億円)の…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 夢は人工臓器開発 ベルギーの9歳、オランダ名門大卒業へ

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです