メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

浜松モデルの外国人労働者受け入れ=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 昨年12月に改正入管法が成立した。従来の医師や弁護士等17分野に介護等を加え、日本語能力やスキルにより「特定技能」を認定し労働資格を付与する制度へと改定された。これにより外国人労働者の受け入れが一気に進むと注目が集まっている。

 こうした中で、浜松市に本社を持つシーポイントの野澤浩樹社長は、8年前にベトナムのホーチミン市にシステム開発の現地法人を設立するとともに、南部バリアブンタウ省の旧省都ブンタウ市に太陽塾という日本語学校を設立。日本で働きたいベトナム人の人材育成に力を注いでいる。

 筆者も昨年の暮れに、現地を視察してきたが、小学生から大学生まで23人が熱心に日本語を学んでいた。太…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文706文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明
  4. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  5. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです