メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・環境

バイオ燃料作る藻類、生産効率を1.7倍に 中大、デンソーなど

コッコミクサ

 遺伝子を効率よく改変できるゲノム編集技術と電気による刺激を組み合わせて、バイオ燃料を作る藻類の生産効率を1・7倍にすることに中央大とデンソーなどの研究チームが成功した。成果は国際学術誌「バイオテクノロジー・フォー・バイオフューエルズ」(電子版)に掲載された。

 チームは、中央大研究開発機構の原山重明・機構教授(分子生物学)ら。藻類の中でも増殖が速く、細胞内に多くの油脂をためることのできる「コッコミクサ」を用いた。

 これまでコッコミクサは細胞壁が分厚く、ゲノム編集するためのたんぱく質を直接細胞内に入れることが困難…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文586文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです