メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
山は博物館

それは戦時下だった/10 函館山の要塞、鬼熊逃げ込む

北海道函館市の市街地の西にそびえる函館山。市民の身近な存在だ=2011年3月、中澤雄大撮影

 <くらしナビ・環境>

 太平洋戦争終戦まで、津軽海峡を守る要塞(ようさい)が北海道函館市の函館山(334メートル)にあった。山のあちこちに設置した大砲など軍事施設を外部に知られないよう、1899年公布の「要塞地帯法」や「軍機保護法」で厳重に守られた。市民どころか警察官も入れない山に、「函館の鬼熊事件」を起こした男が逃げ込み、大騒ぎとなった。

 鬼熊事件とはそもそも、1926年8月に千葉県久賀村(現多古町)で起きた出来事。荷馬車引きの男が情交…

この記事は有料記事です。

残り2000文字(全文2221文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです