メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親ありて

プロゴルファー・畑岡奈紗選手の両親 仁一さん、博美さん/上 母の職場でクラブになじみ

 日本女子のエースに急成長したプロゴルファーの畑岡奈紗選手(19)。アマチュアだった高校3年生のとき、日本女子オープン選手権を史上最年少の17歳で制覇。翌年に連覇を果たすと、米ツアー参戦2年目の昨季は、日本選手の史上最年少での初優勝も含めて2勝を挙げた。海外の舞台でも物おじしないプレーが強みだが、飛躍は両親の存在抜きには語れない。

 畑岡選手は父の仁一さん(53)、母の博美さん(48)の長女として、茨城県笠間市で誕生した。「前人未…

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1473文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです