メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん大国白書

その日に備えて/4 治療と就労、両立のために 20~64歳・患者24万人、長くつきあう病気

がんになったことを機に患者団体を設立し、患者の声を社会に伝える活動を続ける西口洋平さん=埼玉県越谷市で2018年9月1日

会社に相談、支援引き出そう

 医療の進歩でがんが長くつきあう病気となるに従い、就業世代のがん患者が増えている。患者の治療と就労の両立はどうなっているのか。現状と支援体制についてまとめた。【高野聡】

 「がんであることを伝えるストレスはすごかった。自分の病状についてきちんと説明できるのか、今後どうなるのか、本当に仕事を続けられるのか。泣くつもりはないのに、話すうちに泣けてしかたなかった」

 患者団体「キャンサーペアレンツ」代表理事の西口洋平さん(38)は、職場の同僚らにがんであることを伝…

この記事は有料記事です。

残り1624文字(全文1866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです