メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん大国白書

その日に備えて/4 治療と就労、両立のために 20~64歳・患者24万人、長くつきあう病気

がんになったことを機に患者団体を設立し、患者の声を社会に伝える活動を続ける西口洋平さん=埼玉県越谷市で2018年9月1日

会社に相談、支援引き出そう

 医療の進歩でがんが長くつきあう病気となるに従い、就業世代のがん患者が増えている。患者の治療と就労の両立はどうなっているのか。現状と支援体制についてまとめた。【高野聡】

 「がんであることを伝えるストレスはすごかった。自分の病状についてきちんと説明できるのか、今後どうなるのか、本当に仕事を続けられるのか。泣くつもりはないのに、話すうちに泣けてしかたなかった」

 患者団体「キャンサーペアレンツ」代表理事の西口洋平さん(38)は、職場の同僚らにがんであることを伝…

この記事は有料記事です。

残り1624文字(全文1866文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです