メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

「安定期」間違いの元 妊娠5カ月、旅行中に出血=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

マンガ「コウノドリ」(C)鈴ノ木ユウ/講談社

 「安定期って、あんたそれ」

 思わず上方落語のサゲ前のような嘆きが口をつきました。実のところ、半分怒っているんです。

 先日、妊娠5カ月(18週)の旅行中の妊婦さんが出血の訴えで来院しました。本来、閉じているはずの子宮口が開き、赤ちゃんを包んでいる膜(卵膜)の一部が見えています。つまり、流産が進行して、にっちもさっちもいかない状況です。イチかバチか子宮口をくくる(頸管縫縮(けいかんほうしゅく)術)か、これ以上進行しないことを祈りながら経過をみるかどちらかしかありません。

 手術そのものに3割程度の流産のリスクがあることを説明しましたが、妊婦さんは手術を選びました。なんと…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子中学生を脅迫容疑、31歳男逮捕 警視庁
  2. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 韓国の無礼発言は「不適切で遺憾」 統合幕僚長が異例の批判
  5. 勤労統計の資料を廃棄 厚労省04~11年分、再集計は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです