メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 少子化と医療体制 産婦に専従のケアを=白十字訪問看護ステーション統括所長・秋山正子

 2017年人口動態統計の確定数が出された。予想通り出生数は減少し、前年より3万人減、合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子どもの数に相当)は1・43で前年の1・44より低下した。母の年齢別で出産数を見ると、もっとも出産数が多い30~34歳を含む44歳以下の各年齢層で減少したが、45~49歳及び50歳以上では増加している。

 少子化には違いないが、子どもを産む年齢層が上がってきているのがよくわかり、45歳以上でも、出産が可…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1091文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです