メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点奪還

サッカー アジア・カップ/下 1992年 日本開催、初頂点 観客の力背に躍進

サウジアラビアを降して初のアジア一に輝いた日本代表=広島広域公園陸上競技場で1992年11月8日撮影

 1992年、日本で初めてのアジア・カップは広島で開かれた。今や多くの選手が「アジアでは絶対に負けられない」と口にし、ワールドカップ(W杯)での8強を目標にする日本代表だが、当時はW杯の出場経験がなく、アジアでのポジションは大きく異なっていた。

 空前のサッカーブームに包まれていた。91年に2002年W杯招致委員会ができ、92年春に初めての外国籍監督としてオランダ出身のオフト監督を招致。翌93年にはJリーグ開幕が控えてもいた。しかし、サウジアラビアは大会2連覇中と、中東勢の優位が目立ち、日本の下馬評は決して高くはなかった。

 その中で日本は躍進した。2分けで迎えたイランとの1次リーグ最終戦。試合終了間際にFW三浦知良(横浜…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです