全国高校ラグビー

総括 大阪桐蔭V フィジカル強さ際立つ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 7日に東大阪市花園ラグビー場で行われた決勝は、大阪桐蔭(大阪第1)が桐蔭学園(神奈川)に競り勝ち初優勝し、前回決勝で敗れた経験を糧に「平成最後」の大会を制した。

 フィジカルの強さが際立った大阪桐蔭。特にプロップ江良、フランカー奥井の2年生コンビを軸に力強い突破力でFW戦を圧倒し、防御も粘り強かった。

 初の単独優勝を目指すも準優勝に終わった桐蔭学園だが、SH小西を中心に巧みなパスワークで相手防御を翻弄(ほんろう)。天理(奈良)、東福岡など強豪を相次いで倒す勝負強さを見せたが、あと一歩及ばなかった。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文563文字)

あわせて読みたい

注目の特集