メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

総括 大阪桐蔭V フィジカル強さ際立つ

 7日に東大阪市花園ラグビー場で行われた決勝は、大阪桐蔭(大阪第1)が桐蔭学園(神奈川)に競り勝ち初優勝し、前回決勝で敗れた経験を糧に「平成最後」の大会を制した。

 フィジカルの強さが際立った大阪桐蔭。特にプロップ江良、フランカー奥井の2年生コンビを軸に力強い突破力でFW戦を圧倒し、防御も粘り強かった。

 初の単独優勝を目指すも準優勝に終わった桐蔭学園だが、SH小西を中心に巧みなパスワークで相手防御を翻弄(ほんろう)。天理(奈良)、東福岡など強豪を相次いで倒す勝負強さを見せたが、あと一歩及ばなかった。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです