メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解説

在韓被爆者訴訟 元徴用工判決 証言重視の審査促す

 元徴用工の韓国人3人を本人の証言を根拠に「被爆者」と認めた長崎地裁判決は、被爆から70年以上が経過し被爆者が高齢化していることを踏まえ、手帳審査の手法を「証人、証拠」重視から、「証言」重視に転換するよう強く促したものだ。

 原告の証言は基本的に申請段階から一貫していたが、長崎市は部分的に他の資料と整合しないことや、証拠や証人がないなどの理由で却下した。それによって原告たちは2年以上の訴訟を強いられ、体調は…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです