メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生の道標

阪神大震災24年 見る復興、世界へ発信 2500点、FBで公開

震災当時の写真が並ぶデジタルアーカイブの画面=フェイスブックから

 阪神大震災時の写真や動画をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のフェイスブック(FB)で保存・活用するデジタルアーカイブが、8日に公開された。追悼行事「阪神淡路大震災1・17のつどい」の実行委員会が企画し、現在は約2500点が閲覧可能。デジタルで次世代に記録を継承するのが狙いで、防災教育に活用し、資料の収集も進める。

 実行委は2018年の「つどい」から写真と動画を集めはじめ、個人や団体から約1万点が寄せられた。アーカイブ化はFBの日本法人が協力。関西学院大(兵庫県西宮市)の学生ボランティアらが写真をスマートフォンで撮って電子データ化し、日付や場所など説明を付けている。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  2. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  3. ファクトチェック 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 新型肺炎、高齢者や持病ある人に高い致死率 対策難しい無症状の人からの感染

  5. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです