メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

別室にどうぞ 山口県美祢市・藤野育子(72歳)

 年を重ねると、知恵も感覚も体力も衰える一方で、それでもよりよく生きたい気持ちは、若い頃より強く感じる。

 コツコツためた預金もリスクの高い株や外国債を避け、銀行などで少しでも良い金利を探し求めている。これも苦肉の策だ。

 暮れも押し迫った日、金利の良いある銀行に、そのなけなしのお金を移そうと窓口で手続きを進めていた時、行員から「何に使うのか」と尋ねられた。私は他の銀行の商品に移したいとは言えず、思わず「商品に……」と口ごもると、何の商品かと畳みかけてくる。

 あくまでも“商品”で乗り切ろうとしていた私は「何と言ったらいいの」と反撃すると「正直に言ってくださ…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  3. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  4. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです