太陽光発電価格2割引き下げへ 経産省有識者会議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
経済産業省=東京都千代田区霞が関で、瀬尾忠義撮影
経済産業省=東京都千代田区霞が関で、瀬尾忠義撮影

 経済産業省の有識者会議は9日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で、2019年度の事業用太陽光発電の買い取り価格を1キロワット時当たり14円とする経産省案を認めた。18年度の18円から2割以上の引き下げとなり、同省は3月末までの正式決定を目指す。

 FITは、再生エネで発電した電気を電力会社が決まった価格で一定期間買い取る制度。12年に始まり、再生エネの普及に一役買ってきた。一方で、買い取り費用は家庭や企業などの電気料金に上乗せされ、18年度は総額2・4兆円に達する。太陽光パネルの価格下落を反映させるとともに、家庭や企業などの負担…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文690文字)

あわせて読みたい

注目の特集