メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産、新型リーフ発表 航続距離を大幅に伸ばす

電気自動車「リーフ」の新モデルを披露する日産自動車のダニエレ・スキラッチ副社長(右)と星野朝子専務執行役員=横浜市の日産グローバル本社で2019年1月9日、松本尚也撮影

 日産自動車は9日、主力の電気自動車(EV)「リーフ」に航続距離を大幅に伸ばした新モデル「リーフe+(イープラス)」を追加すると発表した。昨年12月の乗用車販売が前年同月比1割減に落ち込むなど前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)逮捕による混乱の影響がちらつく中、新型車投入でブランドイメージの向上を図る。

 「世の中にクルマを超えた価値を提供する。日産は人々をより豊かな世界に導く」。9日に横浜市の日産グローバル本社で開かれたリーフe+の発表披露会で、ダニエレ・スキラッチ副社長は誇らしげに語った。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです